ホーム>新聞 T   T   T
延辺、脱貧困冬季大訪問活動を展開
2018/01/10     出所:

本文地址:http://www.yaoyaojiang.com.cn/xw/201801/t20180112_3587104.html
文章摘要:延辺、脱貧困冬季大訪問活動を展?前列鼎新革故电喷,置备选购人云亦云。

  2017年12月15日~31日、延辺州は脱貧困冬季大訪問活動を展開し、扶助、慰問、政策宣伝、貧困調査など主とした。1014ヵ州直、在延辺の中省直属及び各県(市)の扶助担当部署の幹部1.6万人ほど856ヵ貧困村へ貧困家庭27213戸、非貧困家庭5485戸を慰問し、慰問?扶助資金が522.6万元になった。

  今回の脱貧困冬季大訪問は、困難な家庭に関わる「悩み二つ、保障三つ」の問題をめぐって展開した。各部署は「三つのことを見る、聞く、話す」を原則にした。即ち、三つのことを見るのは、環境、住宅、飲用水を見る。三つのことを聞くのは、収入、医療、需要を聞く。三つのことを話すのは、政策、起業、成果を話す。貧困家庭と脱貧困の家庭と面対面に交流し、心をもって話し合い、確実に困難を解決することは基本である。これをきっかけにし脱貧困の各政策を宣伝し、相互に信頼?交流できる感情の掛け橋を構築し、人民の「労働の誇り、脱貧困の誇り」の意識を強め、脱貧困行動を計画通りに推進することを目的とした。

  大訪問の時に、扶助責任者は問題点を捉え、貧困家庭の実態を全面的大検査を行った。今年に脱貧困した家庭に対し、重点的に脱貧困の基準達成有無を確認した。過去に脱貧困した家庭に対し、重点的に貧困扶助政策の実行状況と貧困戻しの可能性を確認した。脱貧困してない家庭に対し、重点的に政策の実行などを全面的確認した。以上によって、全面的に貧困家庭の識別と脱貧困の手続き規範化、貧困家庭の基本情報、扶助措置、扶助効果の真実性、貧困家庭の基本状況、貧困扶助手帳の情報、情報システムのデータ一致性など状況、扶助措置、貧困原因、扶助プロジェクト、脱貧困の需要、扶助の成果、脱貧困の結果、貧困家庭の政策把握状況を確認し、産業、健康、教育、住宅など政策の実行状況を検査した。特に「享受すべきだ政策の未享受」と政策実行の不完全、不全面、不徹底など状況を細かく調べた。

  各部門の扶助人員は感情と心を持って貧困村へ入り、入室扶助を自分家庭の事にし、親切な態度と平等な姿勢で貧困人民を家族にし、全力で脱貧できるように協力した。一部の扶助責任者は貧困家庭と共同に居住?食事?労働し、「4清潔?2規範化」の基準(4清潔とは、室外?室内?便所?個人の清潔を指す。2規範化とは、生活家具揃いの規範化、生産生活用具の並べ規範化を指す)に基づき、確実に農村の居住環境を改善し、全面的に貧困家庭のやる気を出し、絶えず貧困家庭との感情を深めた。

  脱貧困冬季大訪問活動は、明らかな効果を得られた。延辺州は『「新年?旧正月期間の貧困家庭訪問、暖かさ届け活動を展開する知らせ」を公表した。即ち、冬季大訪問を旧正月まで延期し、毎年の12月~翌年の旧正月まで脱貧困冬季大訪問活動月間に指定し、毎年に定期的展開する仕組みを構築された。また、より多くの社会の力が冬季大訪問活動への参加を動員し、全社会が共同で参画する脱貧困の良好な雰囲気を構築することを目指すという。

北京pk10技巧公式 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド