ホーム>投資>投資機会>重点な項目 T   T   T
長春市年間生産5万トン生分解性プラスチックプロジェクト
2016/04/06     出所:

 

1 プロジェクト簡単紹介

1.1 プロジェクト背景

1.1.1 製品簡単紹介

 生分解性プラスティックは環境問題と共に生まれたものである。それは、地球環境問題解決と密接に関わる一種の新型プラスティック品種であり、絶えず発展を遂げ、21世紀のハイテク製品となった。持続発展の戦略目標から出発すると、その潜在市場は巨大である。生分解性プラスティックの発展と使用は、単なる経済問題だけではなく、社会問題でもあるため、市場容量は相当なものである。全国穀物生産大市(県)、有機食品生産モデル県と循環経済テスト県として、「白色汚染」をなくし、それの生態環境と有機農業の持続可能な発展にもたらす不利影響を取り除くことは、現在の急務となった。このため、先進技術を導入し、生分解性プラスティックを開発する予定である。

1.1.2 市場前景

 近年、原料生産と製品加工技術の進歩と伴い、分解可能プラスティック特に生分解性プラスティックは再度注目を受け、持続可能と循環経済発展の注目点となった。同時に、再度世界の焦点ホットスポットとなった。エネルギー代替、二酸化炭素削減、それとも環境保護及び一部「三農」問題の解決から見ると、分解可能プラスティックを発展させることは必要であり、非常に意味があるものである。

 国外市場状況:PLA基ポリマーの面において、NatureWorks LLC社の生産能力は140000トン/年で、市場でのリーダ格で、明らかな拡張計画を持っている。日本島津会社と日本三菱化工、日本UNITIKA会社も多種の製品を研究開発?生産した。其の内、ズック、トレー、食器等は日本愛知万博で幅広く使用された。

 国内市場状況:わが国において産業化した会社には浙江海正生物分解可能プラスティック株式有限公司(規模5000トン/年生産ライン)がり、中規模テストを行っている会社には、上海同傑生物材料有限公司、江蘇九鼎集団等がある。

 専門家の予測では、世界「十二?五」期間中での生分解性プラスティックの使用量は100万トン位に達する。現在の生産量は約30万トンで、市場前景は非常に良い。

 国内市場:暫定生産量25万トン。

 国外市場:需要量75万トン。

 販売相手:欧米等その他の国と地域へ主に販売。

 現在、アメリカと日本、ドイツの技術は比較的成熟している。中国の技術は発展段階に処していて、この事業を発展させる一番良い時期である。中国は一つの消費市場であり、国民に自分の製品を使わせ、自分を発展させる。

1.1.3技術分析

 国内外先進の生産技術を導入し、関連成功経験を獲得する。アメリカ、日本とドイツ等国より技術を導入し、プロジェクトの特徴と製品の特徴に基づき、更に開発を行い、中国第一のエコ型生分解性プラスティック生産基地を作り上げる。

1.1.4プロジェクト建設の有利条件

1政策条件

当該プロジェクトは五棵樹経済開発区の優遇政策以外に、楡樹市の優遇政策及び国家の関連環境保護産業の優遇政策を使える。循環経済発展を促進するため、資源の利用効率をアップさせ、環境を改善、保護し、持続可能な発展を実現する。同時に、環境友好型社会を建設するため、国家は相次いで穀物及び農副製品深加工面での税収優遇政策を制定することで、当該産業の発展を引導及び激励している。

2区域優勢

鉄道、道路、水路が四通八達し、長楡、哈楡鉄道が区内を通過していて、五棵樹、劉家の二つの駅を設けている。楡陶一級道路が全境内を貫いて102国道と繋がり、区から京哈高速道路まで僅か16キロしか離れてない。吉林市空港、長春龍嘉空港とハルピン太平空港までわずか一時間の車程である。第二松花江が境内沿いを流れていて、水運においては上流は吉林市へ、下流はハルピンまで至り、国境港まで到達する。

3)技術優勢

 生分解性プラスティック生産技術は国内外においても先進的生産プロセスであり、国内外特殊業界の人材も招へいせねばならない。同時に、生分解性プラスティックの主要区域市場は欧州、北アメリカとアジア太平洋地区である。其の内、欧州は2012年世界合成生分解性プラスティック市場での最大市場シェアを占め、2018年までには世界市場をリードすると予測している。2011年から2018年まで、アジア太平洋市場は25.7%の複合年成長率で成長する。

4)人材優勢       

全市の人材資源が充分で、構造が合理的である。元来の国有企業から多くの管理と専門技術人材を養成されていて企業が使用できる。その他の地区と比べると、楡樹市は労働力素質が高く、価格が低い優勢を持ち、労働密集型産業の発展に適宜している。対外労務輸出にもある程度の土台ができていて、専門知識を持つ技術型労働力を養っているまた、我わが市は吉林省の各科学研究部門、大学と技術トレーニング基地を建設していて、後続の知識型労働力資源は充分である。本プロジェクトに必要な人員すべては、試験を通じて、優秀な人を選択?採用する。

5)産業基礎優勢

楡樹市は世界三大「黄金トウモロコシ帯」上に処している。現有耕地は34.7万ヘクタールで、トウモロコシ、大豆、水稲等作物が豊富に産出されている。穀物の年間生産量は50億斤の階段性レベルを維持し、全国の1/180、吉林省の1/10、長春市の1/3を占め、「天下第一米倉」と呼ばれている。2004年から、六年連続して全国糧食生産先進県(市)模範の栄誉を獲得した。長春五棵樹開発区に投資した中糧生化能源(楡樹)有限公司で生産されるシロップは本プロジェクトへ豊富な原材料を提供できる。地勢は平らで、水、電、熱供給及び通信施設が完備している。交通が便利である。

  本製品は中糧集団が長春五棵樹開発区に投資した中糧生化能源(楡樹)有限公司で生産されるシロップを取り入れ、直接にポリ乳酸を生産できる。これは、投資を節約できるだけではなく、プロジェクト建設期をダウンさせることができ、経済利益は明らかである。

1.2 プロジェクト建設内容及び規模

1.2.1製品方案及び規模

 年産各種規格の生分解性プラスティック5万トン生産。

 その他に、本プロジェクトの実施と伴い、建設企業は引き続いて下流製品の研究開発と投資を行い、この産業を五棵樹開発区で強く、大きくさせ、中国民族工業に成長させる。

1.2.2 建設内容

1)新築工場区敷地面積3万㎡、新購入設備810台(セット)。

2)現有の徴収済みの土地を利用して、後続発展のために充分な空間を残し、産業園区形式で健康に、前に向けて発展する。

1.3 プロジェクト総投資及び資金調達

1.3.1 プロジェクト総投資(詳しくは表1による)

1                プロジェクト総投資纏め一覧表        単位:万元

番号

費用名称

投資額

総投資での割合%

備考

1

建設投資

7000

70

 

2

建設期利息

360

3.6

 

3

流動資金

2640

26.4

 

 

プロジェクト総投資(1+2+3

10000

100.00

 

1.3.2 資金調達(詳しくは表2による)

2                     資金調達一覧表                単位:万元

番号

資金分類及び出所

資金額度

総投資での割合(%)

1

プロジェクト資本金

6000

60

1.1

建設投資

4200

42

1.2

流動資金

1440

14.4

1.3

建設期利息

360

3.6

2

調達資金

4000

40

2.1

建設投資

2800

28

2.2

流動資金

1200

12

3

プロジェクト総投資

10000

100.00

1.4 財務分析及び社会評価

1.4.1 主要財務指標

3              主要経済利益予測指標一覧表           単位:万元

番号

名称

単位

指標

備考

1

销售收入

万元/a

33000.00

正常年

2

利益総額

万元/a

6667

正常年

3

全部投資財務内部収益率

%

49

所得税引後

4

財務純値(Ic=10%

万元

3997.78

所得税引後

5

全部投資回収期(税引後)

a

3

建設期1年含む

1.4.2社会評価

本プロジェクトは長春五棵樹経済開発区へ進出する。これは、現地社会経済及び生態エコ面に多くの利益をもたらす。一、我々の製品材料には如何なるプラスティック原料を含んでいないため、その製品は自然環境で有効的に分解され、最終的に二酸化炭素と水となり、我々の製品は環境を汚染しないだけではなく、植物の健康成長を促進させる。二、財政と税収が相当素晴らしい。三、本プロジェクトは現地農民と一部技術人員の就職を解決できる。四、現地産業構造を調整でき、農民を助けて富を掴ませ、産業の持続可能な発展を実現し、現地基礎産業を安定させた。

1.5 プロジェクト合作方式

独資或いは、技術合作、そのほかの方法も面談可。

1.6 外国側投資必要方式

資金と技術、そのほかの方法も面談可。

1.7プロジェクト建設場所

長春五棵樹経済開発区

1.8プロジェクト進捗状況

プロジェクト提案書完成済み。

2. 合作側簡単紹介

2.1基本状況

名称:長春五棵樹経済開発区管理委員会

住所:吉林省楡樹市五棵樹鎮(楡陶国道31キロの処)

2.2 プロジェクト主催企業概況

長春五棵樹経済開発区は吉林省政府より2003715日の批准で設立した省クラス開発区であり、長春、吉林、ハルピン三市で構成した三角区の中心に位置する。五棵樹鎮、劉家鎮二つの省クラス十強鎮を管轄し、幅員面積は364平方キロで、核心区計画面積は22.49平方キロで、総人口は15万人である。

2区域優勢

鉄道、道路、水路が四通八達し、長楡、哈楡鉄道が区内を通過していて、五棵樹、劉家の二つの駅を設けている。楡陶一級道路が全境内を貫いて102国道と繋がり、区から京哈高速道路まで僅か16キロしか離れてない。吉林市空港、長春龍嘉空港とハルピン太平空港までわずか一時間の車程である。第二松花江が境内沿いを流れていて、水運においては上流は吉林市へ、下流はハルピンまで至り、国境港まで到達する。

資源優勢が豊かである。穀物が十分である。世界で有名な三大黄金トウモロコシ帯上に位置し、25597ヘクタールの耕地があり、黒土資源は右に出るものはいない。穀物の年間生産量は25万トン以上で、メイン穀物はトウモロコシである。牧畜業資源が豊かで、黄牛の年間在庫数は100万等位で、東北地区では最大の黄牛取引市場である。市に売られる黄牛数は5000頭で、取り引数は3000頭以上になる。水資源が豊富である。第二松花江北岸に位置し、井戸一眼での水量は一時間あたり80100トンで、工業と農業生産用水標準に適宜し、工業生産と人々の生活用水需要を保証できる。電力資源が充分である。管轄区内には一次変電所と三つの二次変電所があり、一日の電気輸送能力は50万着ろボルトに達し、区内の工農業生産、生活のために充分な電力資源を提供できる。インフラ施設が完備している。「七通一平」に達し、専門市場機能が揃い、旅行資源は恵まれ、土地資源の備蓄は素晴らしい。

長春五棵樹経済開発区設立は約10年になる。この間、相次いで中糧生化、吉糧天裕、四海実業、遼寧宏福、タイ正大、オランダテイスマン等一連の国内外で有名な企業を投入させた。開発区内に進出した各種類企業は330社に達し、規模以上の企業は32社に登り、一億元以上の企業は15社、10億元以上の企業は3社、20億元以上の企業は2社である。世界500強企業が3社、国内500強企業は5社である。開発区内の企業が安置した労働力就業数は2万人で、財政への貢献度は年々向上している。

プロジェクトの集約集中効果は明らかである。産業発展上においで六大主導産業を初歩的に形成した。一、トウモロコシ化工産業である。中糧生化能源(楡樹)有限公司、長春天裕生物工程有限公司を代表としたトウモロコシ化工産業である。二、バイオ製薬産業である。テイマンス医薬中間体(長春)有限公司、長春真元製薬有限公司と華威薬業を代表としたバイオ製薬産業である。三、白酒醸造業である。吉林省白酒集団、長春市豊谷酒業有限責任公司、楡樹市華盛酒工場、金門大高粱酒工場等を代表とした大型白酒企業は開発区内100社以上の白酒生産加工企業を牽引し150種以上の品種を作り上げ、白酒産業を形成した。四、畜産養殖加工産業である。吉林正楡農業発展有限公司、楡樹市四海食品有限公司、遼寧宏福集団、ソナックスバイオ科技有限公司、隆楡バイオ科技有限公司等会社を代表とした畜産製品養殖加工産業である。五、機械製造産業である。吉林省九鼎機械有限公司、長春恒豊鋼構造有限公司、無錫ファーカス石炭炭鉱機械製造、長春金銀峰門業有限公司等を代表とした機械製造産業である。六、建築建材加工産業である。主に中国建材集団北方セメント有限公司、長春匯億彩鋼有限公司を代表とした建材加工産業である。

2011年末までに、全区の地区生産総額は200億元を完成しており、同時期と比べ31%成長。工業総生産額は229億元を完成し、同時期と比べ30%成長。工業増加価値は89億元を完成し、同時期と比べ56%成長。一般全口径予算は7.24億元完成し、同時期と比べ35%成長。固定資産投資は85億元を完成し、同時期と比べ30%成長。インフラ施設は4億元完成し、同時期と比べ11%成長。企業誘致実際内資利用は80億元で、同時期と比べ35%成長。実際の外資利用は1.4億ドルで、同時期と比べ40%成長した。

長春五棵樹経済開発区は相次いで農業部より「全国農産品加工モデル基地」と命名された。「江浙企業家が中国で投資する場合に最初に選ぶ開発区」の評価活動中に、「江浙企業家が中国で投資する場合に最初に選ぶ開発区」と「全国十大最も投資価値ある開発区」に評価された。国家発展開発委員会より「全国百佳科学発展モデル園区」、吉林省政府より「全国農産品加工業モデル区」に評価された。

開発区の人々は勤勉かつ素朴、勇んで人より前に出て、完全な施設、優遇な政策、上質なサービスを以って、国内外の有識者がビジネスチャンスを勝ち取り、発展を図り、誠意を以って協力し、新しい天地を勝ち取ることを歓迎する。

2.3 連絡方式

プロジェクト会社連絡係:王振興

連絡電話:+86-431-83813002  13943156966

ファスク:+86-431-83813002

イメール:kfqzssj3002@163.com

開発区ホームページ:www.ccwks.cn

 

プロジェクト所在市(州)連絡方式:

連絡先:長春市経済技術合作局

連絡係り:林琳 潘瑶

連絡電話:0431-82763933

ファクス0431-82763933

イメール:xmc52763933@163.com

市州サイト//www.yaoyaojiang.com.cn/378/

 

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド
福彩3d165期开奖结果,福彩3d和值速查,福彩3d彩宝贝杀号定胆,福彩3d2014040试机号 澳门幸运28网站 永利彩票是黑彩吗 广西快乐十分?开奖 七星彩免费试用
利盛彩票 河北双一流大学名单 幸运飞艇计划高手 东方6加1今天开奖号码 大三公
排列五第14315期分析计划?排列五预测区计划?排列五彩票开奖号 广东福利彩票36选7,福建36选7,36选7走势图,广东南粤风采36选7,36选7开奖结果查询 福建快三49期 福彩35选7好运彩 时时彩后一选号技巧
幸运赛车直播在哪能看 南粤风采26选5今天开奖 十三水红包赢钱现金,天天十三水作弊器百度吧,八闽十三水技巧,拱趴十三水作弊器iso 香港六合彩开奖历史记录,六合彩论坛,六合彩特码,六合彩开奖历史记录,六合彩官方网站 菜鸟时时彩计划软件破解版